プロフィール
Bunny
Bunny
オーストラリアのブリスベンでOZ旦那と2人暮らし。そんなBunnyの生活記ブログ

このブログは、リンクフリーです。コメント&トラックバック歓迎!


読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
タグクラウド
ブリスベン   プレゼント   オーストラリア   花言葉   マーケット   ガーデニング   ハーブ   トゥーンバ   ファームステイ   ケーキ   ウサギ   うさぎ   クリスマス   料理   レシピ   出店   趣味   誕生日   ケアンズ   金魚   チャイナタウン   バリュー   サーバー   ドメイン   VALUE-DOMAIN      シーズン   サマー   いぢわるうさぎ   寄付   冠水   洪水   ポインセチア   バニングス   電気毛布   サンシャイン   シティー   トロピカル   パンツ   天気   洗濯   旦那   肉じゃが   カラシ   きぬさや   フェスティバル   カモミール   ティー   ジャーマン   園芸   ドワーフ   陶器   小鳥   木の苗   ライチ   ブルーベリー   レイシ   サクランボ   イチジク   ドナドナ   農場   地平線   体験記   ネット   農作業   コーン   ミルクティー   洗剤   OZ洗い   チーズ   食パン   和食   愛犬   パピー   お昼寝      ドッグ   サラダ   おでん   ソース   BBQ   チキン   メルトスルー   ラブコール   団欒   原発事故   鬱病   ラベンダー   春菊   ウエストエンド   イングリッシュ   水菜   ツバキ   つばき   苗木   椿   看護婦   注射器   クリニック   看護師  

2012年04月30日

Funeral - Woodford


本日は旦那の伯父さんの葬儀に
Bunnyは、喪服を着て参列しました。

場所は Woodford という所で
ブリスベンから車で1時間半くらいかな?

先週は大雨でしたが、葬儀の日は
晴天日でなによりでした。



お葬式


日本のようにお堅い決まり事は あまりないようで
普段着の人もいるし、献花されるお花は豪華でカラフルです。


funeral


伯父さんとは、3度しか会った事がないので
涙は出ませんでしたが、面識のある方が
お亡くなりになるのは とても悲しいですね

オーストラリアに移住してから葬儀に参列したのは
これで2度目になります。

葬儀の度に二度と会えない故人に思いを馳せ
心にポッカリと穴が開くような、切ない気持ちになります。



葬儀

義家族からのお花です。

皆さん植木とか造花とか鉢植えとか様々です。



葬式

お花は一番手前に飾られていました。

奥にお棺が置かれています。



葬儀の後には、軽食とお茶が用意されていました。

Bunnyの大好物の生クリームたっぷりのスコーンがあり
animal18feel03 思わず心が躍りました。


スコーン


しかし 複雑な気持ちでスコーンを口にし

やっぱり美味しかった… 


食事を終えた後は、ブリスベンへ帰りました。












にほんブログ村 人気ブログランキング


Posted by Bunny at Comments(5)悲しい事
この記事へのコメント
ホントにみなさんラフな格好なんですね。写真だけみれば葬儀中とは思えないです。もしもパッと通り過ぎたらパーティとか何かの集まり?と勘違いしそうです。
(でも、きっとここは霊園ですよね?なんとか気づくかな?)
故人を送る思いは同じでも、お国変わればですね。
Posted by milton at 2012年04月30日 21:28
スコーンが美味しかったようで何よりですね☆
(こんなコメント駄目ですか???)
夏海
Posted by ケニー長嶋と仲間達2012ケニー長嶋と仲間達2012 at 2012年05月01日 11:49
このUPは私にとってはとても有り難かったです。
私にはAusの両親と思える方々がいます。
16年前、WHでAusに行ったとき、自分の家族のように私を無条件で受け入れてくれた方々です。
その方は日本で友達になったオージーの両親なのですが、私はMum&Dadと呼んで慕ってます。
もう、70代半ばになり、来る日が来るかもしれないといつもいつも思っていて、もしその時が来たら、出来ることなら駆けつけたいと思っているのです。
日本とは違うであろう葬儀やそういった場でどういう風に振る舞うことがBetterなのか以前から知りたいと思ってました。
BunnyさんのUPを呼んで、やはり大事なのは気持ちであることを感じ、Ausと言う国に出会って、その土地の人々に触れることが出来て良かったと改めて思いました。
参考にさせていただきます。
ありがとうございました。
Posted by オージー2世 at 2012年05月01日 22:26
私も2度ほど参列したことが・・・
一人は日本人だったので、参列者は皆黒の喪服、割とカジュアルな何色でもOkなこちらの人には異様な光景だったかも?
もう一人はオージーの友人のお母さま。面識はなかったのですが参列しました。少人数で故人のアルバムなどが入口に置かれ、とても簡単な葬儀にみえました。
大分違うものだなと思いました。
Posted by はるいっとはるいっと at 2012年05月02日 20:35
> miltonさんへ

神の元に行く(帰る?)って考えなので、大往生的な死は悲痛ではないみたいですよ


> 夏海さんへ

クリームたっぷりスコーンを口にした時に
あぁ、ワタシ生きてると感じました…


> オージー2世さんへ

強い思い入れのある方の葬儀には、教会から参列された方がいいですよ
最後にお顔も拝見できますし、賛美歌やレクイエムを歌って、送り出して差し上げられますから
(今回Bunnyは、遠縁なので埋葬の時にだけ参列しました)

あとこれは気持ちですが、お花とメッセージカードを持っていけばいいと思います。
カードは希望を言えば、棺の上に置いて一緒に埋葬してくれます。
Bunnyはカードに故人への感謝の気持ちを書き綴り、在りし日の写真を入れて一緒に埋葬してもらいました。

お供え用に故人の好物だった食べ物を持っていたったら、すごく不思議がられました!
「どうして?」と何度も聞かれました(汗)
お墓に食べ物を供える習慣はないそうです。


> はるいっとさんへ

日本の葬儀は忌事ですが、OZは神の元に送り出すって感じですから雰囲気が違いますよね
Posted by BunnyBunny at 2012年05月12日 19:28
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
Funeral - Woodford
    コメント(5)